高く売れる理由

電話

1. 依頼する不動産会社を選ぶ

 

不動産会社に依頼すれば、広く買手を探せ、価格や税金取引の流れなどについて、広くアドバイスを得ることができます。

いかに信頼できる不動産会社を選択できるかがポイントとなるでしょう。

最近では、不動産会社同士でのネットワークも広がつています。

信頼できる会社だと思ったらその不動産会社にお願いしましょう。

点線
契約書

2. 媒介契約の種類

 

売却を依頼する不動産会社が決まったら媒介契約を締結します。この媒介契約には以下の3種類があります。

 

(1) 専属専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するもので、売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することはできません。

つまり、売却を完全に任せることになるので、不動産会社の責任は重く、売却活動に力を入れてくれることでしょう。

また、依頼者(売主)に対して一週間に一度以上の報告義務があります。契約有効期間は3ヵ月間です。

 

(2) 専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するものです。売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することもできますが、不動産会社の売却活動にかかった費用負担は生じます。

依頼者(売主)に対して二週間に一度以上の報告義務があり、契約の有効期間は3ヵ月です。

 

(3) 一般媒介契約

複数の不動産会社に売却を依頼するもので、売主が自ら発見した買手と売買契約を締結することもできます。

なお、これには依頼する他の不動産会社名を明示する「明示型」と明示しない「非明示型」とがあります。

点線
パソコン

3. 売却活動の流れ

 

まず、売却条件を決めます。売出価格、引渡時期、広告方法など、不動産会社と相談して決定します。

次に広告活動です。インターネット、チラシ、不動産会社間情報サイトといったあらゆる媒体で広告を行います。

広告を行うと内見を希望する人が出てきます。

内見では、不動産会社が購入希望者の希望条件を把握した上で案内や質問対応を行いますので、

内見に立ち会う場合においても、対応は基本的に不動産会社に任せるようにしましょう。

士曜日や日曜日に自宅を開放し、自由に見てもらうオープンハウスを行い、早期に買手を見つける方法もあります。

点線
握手

4. 契約のポイント

 

買手が決まったら売買契約を締結し物件を引き渡します。

トラブルにならないためにも、売買契約書を作成し、売主・買主双方が署名捺印し、それぞれ保管しておく必要があります。

この売買契約書は不動産会社と相談して作成することになります。

引渡時期については、買い換える住宅の入居時期に合わせることが大切です。

仮に引渡しを買主に待ってもらう場合は価格を値引きするなどの交渉が必要になります。

点線
建物

5. 物件を引き渡す

 

引渡しとは、物件の鍵を買主に渡すなどして、買主が物件を占有できる状態にすることをいいます。

引渡しに際しては、目的物件が契約書の内容どおりかどうか、また物件の明渡しが完了しているかを確認するようにしてください。